テーマ:鉄道

ATACS導入狙うJR 安全犠牲に設備コスト削減進める

 JRは3・11東日本大震災で一部不通になっていた仙石線の復旧に伴い、ATACSの使用を開始しました。さらに、17年秋に埼京線へ導入することも検討されています。  このATACSは、設備コストを削減し、更なる過密ダイヤを実現するために、安全を破壊するものです。 「1閉塞1列車」の原則を破壊  これまでJRは「閉塞方式」と呼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR東日本 非正規増加率20位  過去最高益の4630億円 来年3月期の営業利益予

JR東日本が10月28日に発表した2015年9月中間連結決算は、売上高・営業利益・最終利益のすべてが過去最高を更新しました。  来年3月期の連結営業利益予想は前期比8%増の4630億円と、1993年3月期以来23年ぶりに最高益を塗り替える見通しです。  〝好調〟の理由とされる北陸新幹線は、国や自治体などが建設費を負担し、JR東日本は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

職場闘争について 中野 洋 「俺たちは鉄路に生きる2」 より

◎職場闘争は職場支配権をめぐる闘いであり、激しい党派闘争である その上で、この一〇年間の闘いの中で、重要だと考えたことをいくつか挙げます。 まず、職場闘争というのは本質的に職場支配権をめぐる闘いだということです。職場支配を組合側が獲得する闘争である。したがって非常に大変な党派闘争であるということです。党派闘争というの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TSのプロパー、パート含め100名が「転籍」!定期昇給は5年毎,賃金が低くなる

「転籍」攻撃絶対反対! 外注化粉砕で闘いぬこう! 日刊動労千葉, CTS | 第:7928号 2015年6月24日 CTSのプロパー、パート含め100名が「転籍」! CTS―退職条件の説明もせず JR千葉支社は、現在、千葉鉄道サービスに委託している駅業務について、7月1日から、東日本ステーションサービス(JESS)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道 下請け青年労働者が殺された 

電柱点検中に感電死か 小樽・朝里で25歳作業員 06/24 14:00、06/24 17:50  【小樽】24日午前2時半ごろ、JR函館線の朝里駅から札幌方向に約2キロの小樽市朝里4で、線路脇にある鉄製電柱の点検作業をしていた札幌市東区本町2の3、会社員深瀬翔平さん(25)が、意識がない状態で高さ6メートルの電柱から命綱でぶら下がっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京浜東北線 鶴見・新子安 工事用看板に電車衝突 業務の外注化こそが事故の原因

「線路閉鎖を示す看板が閉鎖されていない線路内に置かれ、それに終電が衝突」・・看板でなく工事用車両だったらどうなるのか! 昨年2月23日の川崎駅構内事故が大惨事として再現されていたであろうことは、想像に難くありません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

労働条件破壊する転籍 外注化とグループ再編の意味すること

JR東日本は、JR千葉鉄道サービス(CTS)などの駅業務をJR東日本ステーションサービス(JESS)へと集約を進めています。  グループ事業再編に伴い、現在、鉄道サービス社員として駅業務を行っている労働者は〝転籍〟に直面しています。  転籍は、いま在籍している会社との雇用契約を解消して、新たに別の会社とで雇用契約を締結することに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安全が最深部から崩壊 山手線電化柱倒壊事故は何を示しているのか

(一)電化柱倒壊事故に関する調査結果 ▼表面的な原因の指摘に終始  重大事故が頻発している。JRの安全が最も深いところから崩れ落ちようとしている。  JR東日本は8日、先月12日に起きた山手線電化柱倒壊事故についての調査結果を発表した。▼「架線の設備工事に伴う強度計算を誤った」▼「何度も傾きを確認していながらそれを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR東日本 富田社長 神頼みで安全を語る

事故の原因は外注化と人件費削減 ◎事故の責任を開き直る富田社長  「昨年2月に発生した京浜東北線川崎駅事故での回送列車の脱線事故、そして今回の事象でもお客様の死傷がなかったことは、安全の神様が見ていてくださっているのかも知れません。しかし、いずれもギリギリのところで大惨事をまぬがれた……」  これは、山手線支柱倒壊事故について…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CTS労組河原井委員長、会社の違法行為を隠蔽するために必死!

未払賃金請求は正当な行為 CTS労組はどちらを向いているのか   CTS労組情報46号  みなさんは、CTS労組の4月21日付「CTS労組情報」第46号を読まれましたか? 発行責任者は河原井委員長となっています。  ちょうど動労千葉がCTSと休憩時間中の未払い労働について団体交渉を行っていた時期に、CTS労組は労働基準…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あわや大惨事の重大事態 山手線支柱倒壊

山手線支柱倒壊 2日前に確認しながら放置 4月12日の山手線の支柱倒壊事故は「大事故が起きなかったのは偶然。間一髪だった」と言われるほど大惨事寸前でした。 http://www.doro-chiba.org/ga/gaityuuka179.pdf
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CTS 超勤代 ごまかさずに支払いを

休憩時間変更の指示なければ労働時間 JR千葉鉄道サービス(CTS)は3月30日に「社員のみなさまへ」と題するCTS管理本 部長名義の文書を職場に掲示しました。この文書によれば、まるで時間外労働などなかったかのようです。 、しかし実際には16時~45分18時の休憩時間中に時間外労働が行われてきたのです。CTSはこんな文書でごまかずに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前代未聞!労働組合が組合員の超勤代請求の撤回を迫るとは!!

ふざけるな! CTS(千葉鉄道サービス)労組委員長らが「超勤代請求の撤回」を強要 労働組合が「超勤代請求の撤回」を組合員に迫るなど、前代未聞だ!  CTS幕張事業所の労働者が、千葉鉄道サービスに対して「超過勤務手当ての請求」を行ったことに対して、あろうことかCTS労組の河原井委員長ら(幕張事業所在勤)が、「超勤代請求を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特急さざなみ全廃絶対反対!3 7館山地域集会

 3月7日、館山市商工会館で3月ダイ改ー特急列車削減・全廃絶対反対 館山地域集会が開催された。 館山市民はじめ南房総、鋸南町、富津市から市議会議員を初め、150名の市民、労働者が集まった。 集会では、 「特急さざなみ廃止は、特急廃止では終わらない。普通電車の本格的削減の始まりであり、ローカル線切り捨てだ」、「観光業にとって大打撃であり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新幹線開業と地方の切り捨て

三セク鉄道に厳しい現実 北陸新幹線延伸で4社受け皿 3月に北陸新幹線が延伸する長野-金沢でJR東日本、西日本が運行する信越線と北陸線は、新幹線開業と同時に4つの第三セクター鉄道会社に受け継がれる。先行する第三セクター鉄道は地方の人口減少に直面し、苦しい経営を余儀なくされた。4社の行く手にも厳しい現実が待ち受ける。  新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北陸新幹線開業と地元の衰退

JRは3月ダイ改の最大の目玉である北陸新幹線開業を大々的に宣伝しています。その一方で並行在来線が第三セクター化され地元の衰退に直結の事実がほとんど隠されています。参考資料として国労新潟支部のビラを紹介します。 地方切り捨てと3セク・分社化で安全崩壊に至る   3月ダイ改ー鉄道輸送網の再編に反対しよう! 新幹線延…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR3・14ダイ改―特急列車廃止・削減 絶対反対! 地域の怒りを組織し、 動労千葉3・14ストラ

消える房総特急  12月19日、JR千葉支社は3月ダイヤ改正計画を発表しました。今回のダイ改で、内房線に関しては、特急「さざなみ」は君津~館山間が全面廃止、休日に至っては東京~君津間も全面廃止。外房線の「わかしお」は東京~鴨川間1往復廃止と勝浦~鴨川間で2往復廃止。成田線では「あやめ」2往復の全廃。総武本線は「しおさい」が東京~銚子間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

照沼君・羽部君に続き青年労働者が加入 水郡線営業所 主任運転士 會澤憲一君が動労水戸へ!

「先輩として羽部に続く」重大な決意込め加入 昨年末12月25日、會澤憲一君(39歳)が動労水戸への加入届と東労組への脱退届に署名しました。 長く在籍した組合と決別し動労水戸に入ることはとても大変な決断です。照沼君も、羽部君もとても迷いました。でも一旦加入届けを書いたら、みんなとても晴れやかな顔になります。會澤君もそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2915年 動労千葉旗開き 年頭のあいさつ 田中康宏委員長

 みなさん明けましておめでとうございます。  本当に困難な職場の中で、職場で奮闘されている組合員の皆さん。そして、長い間動労千葉の闘いを支援してくださった、来賓や支援する会の皆さん、本当にありがとうございます。  わたしはこの2015年の年頭を、少し身の引き締まる思いで迎えました。ちまたはインフルエンザが大流行で、J…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地方つぶしの「地方創生」は許せない

地方つぶしの「地方創生」は許せない 動労千葉・高石さんを招き「動労千葉支援する会」を開催 広島県安芸太田町・婦民読者会 大江厚子  ――  新聞「婦人民主クラブ」(11月1日発行)から転載 ―― …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この団結は 絶対に崩れない  動労千葉結成35周年を祝う会

動労千葉結成35周年を祝う会 田中委員長あいさつ 結成35周年祝う会に多くの人が集まってくれてありがとうございます。 結成当時のことを昨日のことのように覚えています。  動労本部が本部臨時定期委員会を開催し、当時の千葉地本執行部に対して統制処分をかけました。千葉では臨時大会を開催し、統制処分が決定されたので臨時大会を結成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外注化と首切りに手を貸した東労組

外注化・契約社員・ライフは 三位一体の攻撃  駅丸ごとの外注化攻撃がどんどん広がっている。JR直轄の駅では「契約社員」として採用されたグリーンスタッフの仲間たちが、毎年大量に使い捨てられている。そして、簡単には委託できない駅輸送職には、「ライフサイクル」で、運転士から強制的なタライ回しが行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国鉄分割・民営化の全面破綻と国鉄ーJR労働運動の激変

国労大会で委員長、書記長辞任   国鉄分割・民営化の全面破綻が始まっている。それがJRー国鉄労働運動をめぐる情勢も激変させいる。JRー国鉄労働運動に関係するすべての党派が最後的崩壊を始めています。  7月31日に開かれた国労全国大会は、国労の自己解体に向けて最後の留め金を外す大会になった。職場でおろした運動方針原案を自ら修正し…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

投 稿 ・・・現場の安全を守るのは

セウォル号沈没事故 労働運動を解体して新自由主義が推し進めてきたものは、非正規職化と民営化・外注化です。 これらが行きつく先が、韓国のセウォル号の沈没事故です。事故を起こした上に、船内にまだたくさん乗客が残っていたのに船長は先に下船しました。想像を絶することが現実に起きるのです。非正規職化、外注化で労働者をないがしろにし、労働現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

崩壊するJR体制 JR全社が事故激発の状態に 事故率は私鉄の11倍を超える

 安全を極限まで解体したJR  国鉄分割・民営化は完全に破産  JRの安全は北海道のみならず全社で危機的状態に入っている。107人の死者を出した05年の尼崎事故のような大事故が、いつ起きてもおかしくない状態だ。 営業許されぬ危機的な水準  2012年度の鉄道事故の統計を国土交通省が公表した。その内容は背筋が凍るほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more