5月26日旭非正規職支会支援共闘会議結成集会が大成功

5月26日東京亀戸文化センターで開催された旭非正規職支会支援共闘会議結成集会は70人の参加で成功。とてもいい出発ができました。 結成集会では、群馬合同労組の清水彰二委員長が、支援共闘会議の事務局長に就任しました。 主催者の開会あいさつに続いて、テグ文化放送という地方テレビ局がつくったメーデー特集の「時々刻々」という番組のビデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

危機に揺らぐ東労組 一体何が起きているのか? ―スト権投票で大混乱・・「格差ベア反対」のペテン

「スト権投票」や運転士の車掌兼務発令問題をめぐって東労組が揺らいでいる。会社とべったり癒着して職場を支配してきたこれまでのあり方とは何の整合性もなく、しかも職場の組合員の意識とはかけ離れた形で「方針」が上から振り下ろされてくる状況の中、組織的混乱は深まるばかりだ。一体何が起きているのか? スト権投票で大混乱  昨年末、東労組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カネじゃない、安全のために訴えている」  川崎鶴見臨港バス労組 36年ぶりストライキ

  4000便が運休  川崎鶴見臨港バス(川崎市)の労働組合が12月4日朝から24時間のストライキを行った。同組合のストは1980年4月以来36年ぶり。川崎や横浜市内を走る40路線が始発から4000便が運休となった。労組は「カネじゃない、安全のために訴えている」と話す。  同社では、「2人を要していた仕事を1人に担当させれば効…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「1047名解雇問題の当事者ではない」?! JR東日本の団交拒否弾劾!

11月24日、JR東日本本社は1047名解雇撤回に関する申し入れに対し、「回答しない」という「回答」を文書で行ってきた。その内容は、  「申し入れ記載の内容について、当社は当事者でないことから、回答する立場にないと認識している」 という一文のみだ。4ヶ月以上かけて出してきたのが、この回答だ。  何が「当事者ではない」だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川又の手は国鉄労働者と家族の血と涙で染まっている 組織破壊、分社化・転籍攻撃の 手先=革マル・川又を

12月1日、革マル分子・川又吉正が、エルダー再雇用というかたちをとって、幕張車両センター構内業務に送り込まれてくる。外注化反対闘争の先頭で闘いぬいてきた幕張支部を破壊することがその目的だ。 JR東日本は、「検修・構内別会社化」を拡大しようとしている。分社化・転籍に踏み切るために、外注化反対闘争をつぶすことを狙った意図的な人事異動だ。職…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内房線直通運転廃止許すな!

本格的ローカル線廃止に反撃を  3月ダイ改に向け、乗務員の労働条件改善・運転保安確立に向けた申47号に基づく集中交渉が始まった。11月18日の基本要求交渉を皮切りに、11月中に各職場ごとの団体交渉が行われる。次期ダイ改に向けた闘いは火ぶたをきっている。  JR体制大再編の画策  JR東日本は「今までの延長線上にない視…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生理現象で処分するな!!不当処分・運転士剥脱絶対に許さない!

7日、佐倉駅で運転席から用を足してしまった問題で千葉支社と二回目の団体交渉が行われた。だが支社は団交が終わった途端、当該の仲間に、運転士の職を剥脱してCTS成田駅清掃業務に11月1日付で強制出向するという通知を行った。減給処分に加え、「信用を失墜させた」などと言って運転士生命まで断つというのだ。絶対に許さない! われわれは仲間を守るため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不当処分を撤回しろ! 「駅停車中に放尿」で減給処分―10/5緊急申し入れ提出

「駅停車中に放尿」で減給処分―10/5緊急申し入れ提出 不当処分を撤回しろ! https://goo.gl/Q6z0gO この間、「佐倉駅停車中の列車から放尿した」と大々的に報道されてきた。これについて会社は10月3日、「信用を失墜させた」などとして、当該組合員に減給処分を下してきた。満腔の怒りを込めて、この不当処分を弾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時給化で賃金同じでも実労働は2~3時間増

時給化で作業ダイヤ改悪 CTS 賃金同じで実労働は2~3時間増  JR千葉鉄道サービス(CTS)は、就業規則改定をめぐる職場説明会でとんでもない作業ダイヤ案を提示しました。 「時給制」こそ諸悪の根源  約6年前、動労千葉の指摘で、「休日またがり」部分(休日0時~終業まで=B)を休日臨時勤務の扱いとさせ、基本給とは別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

限定社員・時給制の狙い 「コストコが管理職以外『全員時給制』なワケ」

 「コストコが管理職以外『全員時給制』なワケ」という記事が話題になっています。 アメリカ発祥の会員制倉庫型量販店コストコは、全国25店舗でアルバイトの時給を全国一律1250円スタートで募集しています。千葉県の最低賃金817円との差は433円。周辺職場よりも比較的良い条件です。  しかし、募集要項をよく読むと、アルバイトやパートは週2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「眠気でオーバーラン」―ダイ改合理化の結果 乙行路の長大化やめろ!

 「オーバーラン続発」。異例の大きさでJR職場の現実が報道がされている(8月3日付・千葉日報)。 千葉支社は「体調チェックは徹底している。睡眠時間も確保されており問題はない」「安全上の問題はなかった」として、運転士個人に全責任を転嫁しようとしている。一体どの面さげてこんな言葉を発することができるのか! 現在の乗務行路・労働強…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運転士の最大の使命は、安全を守ること 迷わずカーテンを閉めよう! 千葉支社は、確認内容を職場に周知し

千葉支社と団交で確認した内容  1 安全上支障がある場合、指令に連絡し た上で、運転士の判断でカーテンを閉めても構わない。 2.背面からの撮影を禁止する旨のステッカーを貼る等の対策を検討する。 3.インターネット上の不適切な画像や映像に関しては、本社危機管理室が対応しており、今後も削除等を要請していく。 安全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まるで「戦前回帰」、今秋が正念場 戦争と改憲に突き進む安倍政権 11月労働者集会の大成功を勝ち取ろう

「反戦教師がいたら密告せよ」 7月の参議院選挙前後、「まるで戦前回帰」ともいうべき重大な事態が起きている。 8月12日発行の「日刊動労千葉」でも紹介したように、18歳選挙権のスタートに伴い、自民党が学校現場における「政治的中立性」なるものの調査を行っ た。いわく『「子供たちを戦場に送るな」と主張し中立性を逸脱した教育を行う先生方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「カーテンを下ろすのは運転士の判断」 動労千葉との団体交渉でJRが認める

 この間、一部乗客が乗務員を背後から撮影してネットに流したり、「居眠り」など運転士たたきの報道が相次いだりしています。  しかし、JRはこの「背面監視」の状態を乗務員の締め付けに利用してきました。  7月14日、動労千葉はこの問題をめぐって団体交渉を行いました。 「安全に関わる」判断は運転士  団体交渉の中でJRは「安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幕張支部への卑劣な組織破壊攻撃を粉砕しよう! 東労組革マル・川又の送り込みを許さない!

.日刊動労千葉, 第:8140号 2016年8月1日 卑劣な攻撃に激しい怒り 「大量退職」を逆手にとって、幕張支部に対する重大な組織破壊攻撃が画策されている。千葉支社は、エルダー再雇用という形をとって、 分割・民営化時の脱退者2名と東労組の革マル分子1名を幕張車両センター仕業・構内業務に送り込んでこようとしているのだ。外注化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DC会館への不当家宅捜索弾劾!ユニオン習志野への弾圧許すな!

改憲・労組つぶしの弾圧粉砕! 千葉県警は7月12日、ユニオン習志野が組合事務所として使っていたアパートについて、「うその使用目的を言って部屋を借りた」とし て、詐欺の容疑でユニオン習志野の仲間2名を不当逮捕した。それを口実に、動労千葉やユニオン習志野、ちば合同労組、当該二人の自宅などに対して不当な家 宅捜索を強行した。 今回の「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニオン習志野への不当逮捕弾劾! 2名の仲間を今すぐ釈放しろ! 組合つぶしを許さないぞ!

7月12日、ユニオン習志野の委員長と書記長の2人の組合員が百パーセントでっちあげの「詐欺罪」で不当逮捕されました。 この間、ユニオン習志野は、習志野市長による不当解雇撤回の闘いを展開してきました。今回の弾圧はこの闘いを嫌悪し、つぶそうという習志野市長・習志野警察署による政治弾圧です。絶対に許せません。ユニオン習志野の組合員は怒り心頭です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乗務員の締め付け止めろ! 運転保安について緊急申入れ

この間、会社による乗務員への締め付けが激しく強化されている。これに対して、われわれ動労千葉は6月29日に運転保安に関する緊急申入れを行った。 命預かる乗務員を監視するな! この間、一部乗客によって乗務員を背後から監視・撮影してインターネット上に流すといった事態が横行している。 マスコミでも「運転士の居眠り」などが相次い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乗客を利用し運転士しめつけるな!このままでは「第二の尼崎事故」に

事故多発―深刻な安全崩壊  JR東日本では、重大事故が後を絶たない。山手線の電化柱倒壊、籠原駅での漏電・炎上、東北新幹線郡山駅構内や根岸線での架線切断、そして6月6日の常磐線衝突事故、毎日のように遅れ続ける電車…… 鉄道の安全が、深刻なレベルで崩壊してしまっている。  その根本原因が外注化だ。コスト削減を目的に、低賃金・非正規に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気仙沼、大船渡線復旧断念 JR東日本―コスト理由に地方切り捨て

 昨年7月、JR東日本は東日本大震災で一部不通になったJR気仙沼線と大船渡線の鉄道復旧を断念する方針を発表していました。  3月18日、この方針に最後まで反対していた気仙沼市がBRT(バス高速輸送システム)による代替輸送を受け入れると表明しました。これで鉄道復旧を完全に断念すること になります。 沿線住民は復旧を求めていた …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

許せぬ手待時間の無給化 jR水戸鉄道サービス

日勤終了後にバイトと称し超勤  動労水戸は3~4月、組合員(清掃スタッフ)が所属するJR水戸鉄道サービス(MTS)土浦事業所の劣悪な労働条件の改善を要求し団体交渉を開催しました。  土浦の清掃では、社員と準社員が月数回、日勤(17時05分終了)後の21時~午前1時まで「バイト」と称する簡易清掃が強制されています。  「バイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「忌引き無給」の会社があるか! CTS職場討議資料 NO.⑥

CTSは就業規則改悪で社員以外の忌引きを無給にしようとしています。  すぐに帰って来いというのか! 「忌引き」はいずれ全員が経験することになります。その忌引きを無給にする?! 無給で休むことになれば生活に直結します。親が亡くなっても、仕事のためにすぐ帰って来いというのか! 本当に血も涙もない話です。  極端な例を出して改…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

籠原駅漏電・炎上「 がいし」は68年製

籠原駅漏電・炎上「 がいし」は68年製 http://www.geocities.jp/dorosien28/index.html JRは3月24日付の『安全速報』で、3月15日に発生した籠原駅の漏電・炎上事故について説明しています。 会社はがいし(絶縁体)について「寿命は20~25年」と説明していました。そのがいしは68年製(4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 「5年で使い捨て」が職場を壊す CTSは就業規則改悪ではなく、大幅賃上げを実施しろ!

CTSは就業規則改悪を進めています。しかし、そんなことより、人を増やして現場の人手不足を解決すべきです。  今でも仕事がまわらない!  現場では、どこも人が足らないところばかりです。全般清掃やポリッシャーさえ十分にできていないのです。  汚れがたまれば簡単には落ちません。普段の清掃も大変になって、列車はどんどん汚れていきま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時給制で短時間勤務・賃下げへ {就業規則改悪 白紙撤回しかない! CTS職場討議資料 NO.4}

就業規則改悪の問題点の二つ目は、月給制の賃金を時給制にすることです。 時給制の狙いは短時間勤務 それに伴い会社は、「短時間勤務を導入する」「手待ち時間を時間単位で見直す」「兼業禁止の規定も廃止する」といっています。 短時間勤務の対象が今の契約社員や嘱託職員にまで広がれば、それだけ全体の賃金も下がります。「手待ち時間の見直し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CTSは生きていける賃金を出せ!就業規則改悪白紙撤回!420CTS本社抗議行動

団交打ち切り許すな CTSは、4月18日の2回目の新賃金交渉で、一切の要求を無視し、団交をうち切りゼロ回答を行ってきた。動労千葉がCTS本社抗議行動の設定を知るや、CTS春闘を早期に終わらすために、急遽、回答を行ってきたのだ。 4月20日18時から、CTS本社前にCTSの仲間達を先頭に70名を超える組合員、支援の仲間が結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クビにしていい人などいない

「試験」って何だ!  人の人生をもてあそぶな! 会社は、一体どんな試験をやって、どんな基準で「合格」「不合格」を決めるというのでしょうか。  「不合格」は即クビを意味します。一人の人間、そして家族の人生を左右する重大な問題です。雑巾ひとつ持ったこともないJRからの天下り管理者が、どうやって私たちの仕事を評価するんですか。  希…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新組合員紹介 木更津支部で4月1日、新組合員が加入しました。

Y Fさん (CTS君津作業所) このたび動労千葉に加入したCTS君津作業所のY Fと申します。 CTSに就職し、深夜にわたる仕事に従事しながら、職場の仲間たちと、働く状況がよくならないことなどを話してきました。労働組合活動のことは何もわかり ませんが、たとえひとつでも、たとえ半歩でも、希望の持てる将来のために動労千葉の先輩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

違法行為のオンパレード...CTSが進める就業規則改悪

 CTSが進める就業規則改悪は、完全な違法・脱法行為です。  CTSは「試験に合格しなければ最大5年で雇止め」という制度について、「労働契約法に基づく改正」といっています。  しかし、労働契約法改定の提案趣旨として説明されたことは、「雇止めに対する不安を解消していく」「労働者が安心して働き続けることができる社会を実現するため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あらゆる手段でCTSの就業規則改悪を阻止する!動労千葉田中委員長が宣言

日刊動労千葉 CTS就業規則改悪4/1実施を粉砕したぞ! 実施阻止へ新たな闘いを 現場労働者の怒りの声が4月1日実施を粉砕した CTSは、就業規則改悪の4月1日実施を断念せざるを得なくなった。これは、何よりもCTSの現場で働く仲間からの怒りの声がかちとった大勝利だ。 CTSは団体交渉で、説明会を3月7日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これからも闘いの道を歩む 中野 洋 前委員を偲ぶ会

3月6日、中野前委員長の七回忌にあたり、動労千葉とOB会の共催で、「偲ぶ会」が、組合員・OB会・家族会約70名の参加で千葉市「生乃弥」において盛大に開催されました。  司会を務めた繁澤副委員長は、「組織拡大で団結を強化し、中野前委員長の思いに応える動労千葉を作っていきたい」と開会のあいさつをし、黙祷をおこないました。  呼びかけ人か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山手線INTEROS運転 「技術伝承課題でIT導入」こそ事故の原因

 JR東日本は3月7日、山手線に新システム「INTEROS」を搭載した車両の運行を3カ月ぶりに再開した。 この新型車両は昨年11月30日に営業運転を開始したものの、運転初日にトラブルが続出したため運行中止になったものだ。  機械にベテランの経験を教育?  新型車両は、車両の位置や速度などの情報をもとにブレーキやアクセルなどを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CTS就業規則の大改悪 4月実施中止し、提案白紙撤回を

就業規則改悪の主な内容 ① 試験に合格しなければ原則4年(最大5年)で雇止め ② 月給制を時給制に改悪、定期昇給もなし ③ 作業手当を大幅削減、嘱託職員は賞与も大幅減 JR千葉鉄道サービス(CTS)は、今年4月1日から就業規則の改悪を行おうとしています。契約社員とパート社員を「スタッフ社員」、嘱託社員を「限定社員」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CTS就業規則の大改悪 4月実施中止し、提案白紙撤回を

生活破壊の提案に怒りが沸騰  2月中旬に突然提案されたCTS就業規則改悪案に対して、職場で怒りの声がまき起こっている。 「もし切られたらどうなるのか」  「5年雇い止め」のスタッフ社員制度新設に対しては「シングルマザーでぎりぎり頑張っている人も多い。もし切られたらどうなるのか」「あと2年で切られるかもしれない会社に生活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闘いなくし て安全なし 規制緩和と闘おう  

事故を防ぐためには職場の闘いが必要  軽井沢バス事故により安全を犠牲にした労働環境や運行会社の法令違反が世間で大問題となっています。規制緩和による業界の激しい価格競争の弊害や、国土交通省の監督の甘さも指摘されています。  2012年の関越道バス事故では7人が死亡しました。この時も「規制緩和」「価格競争」「国土交通省の監督…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軽井沢スキーバス事故 ― 過酷な勤務「明日はわが身」 規制緩和と外注化が引き起こした大惨事

「尼崎事故」と同じ 1月15日未明、長野県軽井沢の国道18号線で、スキーバス事故が発生し、乗員・乗客15名の命が奪われ、26名が負傷した。死亡した多くが大学生という凄惨な大事故である。 坂道のカーブを時速100㌔近くの猛スピードで道路から飛び出し、山林に激突して大破したバスの姿は、2005年4月25日に107人の命を奪った「尼崎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR東日本 下請け清掃会社CTS労働者 新年の訴え

闘春 一致団結して春闘へ!  CTS組合員の新年あいさつ CATEGORY:01.日刊動労千葉, CTS | 第:8040号 2016年1月22日 CTS組合員から新年あいさつを寄せてもらいました。昨年は木更津・館山・京葉の各事業所での加入を実現し4事業所からメッセージが集まりました。賃上げ獲得、さらなる組織拡大へ、さら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動労千葉 青年部 新春座談会

青年部新春座談会 動労千葉に結集し誇り高く闘おう 参加者  北嶋琢磨 青年部長(千葉運転区支部) 内山祐樹 副青年部長(幕張支部) 渡辺剛史 青年部書記長(幕張支部) 木科雄作 常任運営委員 (幕張支部) KT 常任運営委員 (京葉支部) 今こそ闘う組合が必要 北嶋 この先、先輩たち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more