日教組森越委員長の発言について様々な意見 ブログ

高い給料をもらいながら政治活動してよくない?
 先日の朝まで生テレビでもそうでしたが、日教組が反教育基本法改正運動に対して約3億円もの資金を投入したり、国会や議員会館の前で抗議活動をしていることを批判する人が少なくありません。

 例えば、中川自民党政調会長は「高い給料をもらいながら政治活動していいのか」と批判したとのことです。いつから自民党は、高い給料をもらっている人による政治活動を問題視するような政党になったのでしょうか。是非とも、文科省(特に文化庁)から天下りして高い給料をもらいながら会長やら理事長を勤めている公益法人がロビー活動その他の政治活動をしに議員会館や自分党本部にやってきたときにも同じ台詞を言って頂きたいものです。なお、1日約11時間の労働で、平成17年4月1日現在の小中学校教員の月額平均給料が約40万円(43.5歳)ですから、有給休暇を使って反対の意思を表明することをとやかく言われるほどの高給取りではありません。

 また、朝まで生テレビでは、いじめが問題となっているときに教育基本法改正反対運動に時間を費やしていることの是非が問題とされました。もちろん、政府も与党も野党も日教組以外の教員組合もいじめ問題の解決を最優先としているときに一人日教組だけがいじめ問題を無視して教育基本法の問題ばかりを取り上げているのだとすれば日教組が責められても仕方がありません。しかし、実際には、政府・与党が、いじめ問題の解決をそっちのけにして、教育基本法の改正に血道を上げている以上、この教育基本法の改正に反対する人々としては、今反対の声を上げることにある程度の力を注ぐというのはある意味当然のことで、こんなことが日教組に対する批判の理由にあがること自体が不思議です。http://benli.cocolog-nifty.com/la_causette/2006/11/post_1306.html



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック