テーマ:

 全日空事故 乗員組合、安全対策で経営側追及へ

乗員組合、安全対策で経営側追及へ  今回の事故を受けて航空各社のパイロットらが所属する乗員組合の団体が記者会見を開き、安全対策を徹底するよう経営側への追及を強めていくと述べました。  記者会見を開いたのは、事故機の機長が所属するエアーセントラルの乗員組合を含む日本乗員組合連絡会議です。  組合側はトラブルが多発していたボン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

航空労組が21日のスト通告 安全問題や一時金要求で

 旧日本エアシステムの運航乗務員でつくる日航ジャパン乗員組合(鈴木和嘉夫委員長、628人)と、エアーニッポンの運航乗務員でつくるエアーニッポン乗員組合(吉本祐造委員長、414人)など全日空グループの4労組は19日までに、安全問題や夏季一時金などの要求をめぐり21日にストを行うと会社側に通告した。  日本エアコミューター乗員組合(大日方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本航空 手抜き検査で運航再開 整備士「早く終えたかった」

 日本航空のMD87型機が主脚の検査期限を十日間過ぎたまま飛行していた問題で、運航を再開する際に同社が行った検査も、所定の作業を省略するなど極めてずさんな内容だったことが分かった。国土交通省は、この機体の運航停止と再検査を求める異例の行政指導に踏み切った。「検査忘れ」に「検査手抜き」が重なり、トラブルが続発する同社の安全管理態勢が改…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全日空系 10年ぶりスト、福岡空港では24便が欠航

 春闘を巡ってスト突入を通告していた全日空グループの労働組合のうち、「エアーニッポン乗員組合」(組合員407人)など4労組は23日、会社側との交渉が決裂、同日の初便から終日ストライキに突入した。  全日空グループではこの日、国内線の約13%に当たる115便が欠航、40便に遅れが出るとしており、乗客約7600人に影響が出る見通し。ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more