現代恐慌物語 「30~39歳の男性非正規労働者 未婚割合なんと75.6%」

厚生労働省は30日、10年「社会保障を支える世代に関する意識等調査」結果を公表した。
30~39歳の男性の非正規労働者の未婚の割合は75.6%に達し、
04年の前回(45.5%)より30ポイントも増加した。非正規労働者の経済的な不安定と、
未婚化の進行が強く結びついている現状が明らかになった。

 男性の未婚割合は30~39歳では正規30.7%(前回25.4%)に対して非正規75.6%(同45.5%)。
40~49歳でも正規15.1%(同14.1%)、
非正規45.7%(同25.3%)
と正規・非正規の差が前回より大幅に拡大した。

 一方、女性は正規の方が未婚割合が高く、30~39歳で正規46.5%(同44.8%)、非正規22.4%(同13.0%)、
40~49歳は正規22.3%(同13.5%)、非正規6.3%(同7.1%)など。
こちらは女性が働きながら結婚・子育てをする環境がなお十分ではない状況が反映している。 

 重点を置くべき出産・子育て施策(複数回答)に関しては「教育費の負担軽減」が最多で55.3%(同50.2%)。
次いで「保育所等の充実」43.3%(同37.9%)、
「手当など経済的支援の充実」30.9%(同47.3%)で、2、3位が前回と逆転した。

 調査は10年7月15日に全国の20歳以上65歳未満の人を対象に実施。7973人から回答を得た。【鈴木直】

毎日新聞 8月30日(木)23時3分配信

画像

日本は新卒主義であるがゆえに一度非正規労働者になってしまうと正社員になるのは容易なことではありません。そのためいつまでも年収は上がらずに金銭的余裕ができず、結果結婚からどんどん遠ざかってしまいます。このような状況なので、少子化は一層加速する一方なのです。にもかかわらず日本の政府は子育て政策がどれもこれも中途半端で目立った成果を上げていません。それもそのはず、政府がやっているのは既に子供を持っている家庭へのものだけです。これから結婚をしようとする若者への対策は全くないのです。結局、結婚するにしても、金銭的余裕をもつにしても、自分の力でやらなければならないのです。

"現代恐慌物語 「30~39歳の男性非正規労働者 未婚割合なんと75.6%」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。