京浜東北線 鶴見・新子安 工事用看板に電車衝突 業務の外注化こそが事故の原因

「線路閉鎖を示す看板が閉鎖されていない線路内に置かれ、それに終電が衝突」・・看板でなく工事用車両だったらどうなるのか!
昨年2月23日の川崎駅構内事故が大惨事として再現されていたであろうことは、想像に難くありません。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック