読んで泣きました。この記事。

東日本大震災:「早く逃げて」命かけた防災無線…南三陸

 「早く逃げてください」--。街全体が津波にのみ込まれ約1万7000人の人口のうち、約1万人の安否が分からなくなっている宮城県南三陸町は、町役場が跡形もなくなるなど壊滅した。多くの町職員や警察官、消防職員が行方不明となったが、その中に津波に襲われるまで防災無線放送で住民に避難を呼びかけた女性職員がいた。

 「娘は最後まで声を振り絞ったと思う」。同町の遠藤美恵子さん(53)は、避難先の県志津川高校で涙を浮かべた。娘の未希(みき)さん(25)は町危機管理課職員。地震後も役場別館の防災対策庁舎(3階建て)に残り、無線放送を続けた。

 難を逃れた町職員(33)によると、地震から約30分後、高さ10メートル以上の津波が町役場を襲った。助かったのは10人。庁舎屋上の無線用鉄塔にしがみついていた。その中に未希さんはいなかった。

 遠藤さんは「(生き残った職員から)『未希さんが流されるのを見た』という話を聞いた。もうダメだと思う」とつぶやいた。

 地震直後、遠藤さんの知人、芳賀タエ子さん(61)は「6メートル強の波があります。早く逃げてください」という未希さんの放送の声を聞きながら、携帯電話だけを持ち、着の身着のままで車で避難所の志津川高校のある高台を目指した。停電で信号が動いておらず、周辺道路は渋滞していた。高台への道路を上がる時、振り向くと渋滞の列からクラクションが鳴り響き、その背後から津波が家屋などをなぎ倒しながら追いかけてくるのが見えた。

 芳賀さんは懸命にアクセルを踏み、数十メートルの高さの高台に逃れた。車を降りて避難所の階段を上がった。遠藤さんもたまたま避難していた。

 芳賀さんは遠藤さんの手を握って言った。「娘さんの声がずっと聞こえたよ」

 高台から見下ろす街は濁流にのみ込まれていた。【比嘉洋、写真も】

「6メートルの津波が来ます。避難してください」。
宮城県南三陸町で防災放送の担当職員だった遠藤未希さん(24)の安否が分かっていない。未希さんは11日、3階建ての防災対策庁舎2階で冷静で聞き取りやすい呼び掛けを何度も繰り返し、多くの町民に津波の来襲と高台への避難を訴えた。

 未希さんは昨年7月に婚姻届を出し今年9月の披露宴に向け準備をしていた。母親の美恵子さん(53)は「放送が途中で切れた」と知人に聞かされた。「放送するのに精いっぱいで逃げられなかったんだろうね。実際は怖かったと思う。母親の私が守ってあげられなくて。申し訳なくて」と声を振り絞った。

 庁舎に残った職員約30人のうち助かったのは10人。高台の高校に避難した人からも波にさらわれる職員の姿が見えたといい、庁舎は現在、赤い鉄筋だけが無残に立ち尽くす。

 避難所へ逃げた女性(64)は「あの放送でたくさんの人が助かった。町民のために最後まで責任を全うしてくれた」と話した。
大津波が襲う直前まで町民に繰り返し避難を呼び掛け、自らは波にのまれた宮城県南三陸町の防災放送担当、遠藤未希さんの献身に涙する。「しっかり頑張ったね。でも、何も命を張ってまで」。母の嘆きを聞いてまた涙する。
 「未来の未に、希望の希」と書いて未希。娘の名前に込めた両親の願い通り、未来が広がっていた。婚姻届を手に幸せの笑みを浮かべる写真が痛ましい。秋に挙式を控えていたとおとといの夕刊が伝えていた。24歳の女性の希望を砕いた大波の残酷な仕打ちに震える。
 東日本大震災の死者、行方不明者は既に2万人を超えた。朝刊に毎日載る亡くなった方の名前と年齢をなぞり、この人たちの無念を思う。同姓が続くのは親子だろうか、きょうだいだろうか、夫婦だろうか。あまりに理不尽な人生の終わり方に悔しさが込み上げる。
 岩手県宮古市の倒れた家屋のがれきの中で、20代の女性と乳児の亡きがらが見つかった。おくるみに包んだ首も据わらない乳児を母は両腕で強く抱き締めていた。泥にまみれ傷もあったが、背中を丸め覆いかぶさって守った乳児の顔だけはきれいだった、と言って警察官は男泣きした。
http://www.youtube.com/watch?v=FWAiyoSflJw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック