サンヨン 交渉再開


平沢=連合ニュース)サンヨン自動車の労使が、 6日午前11時の話を再開した。この話は、労組の提案を会社側が受け入れられるように行われた。労使はこの話を'最後の労使の話'と明らかにした。
会話の場所は、本館と塗装工場間の'平和区コンテナボックスで、使用者側バクヨウンタエ法廷管理人とハンサンギュン労組委員長の2人だけが、双方の代表として出席した。これに先立って、労組は、前日の全体会議と、同日朝、執行部の会議を経て、午前9時40分、新しい交渉案をサチェウクエ提示した。ディスカッションに先立ち、労組は"会社の最終案の根幹に必要な立場の変化を持って対話の再開を求めた"と明らかにした。会社は"事態を平和的に解決することが後遺症を最小限にする最善の策と考えて対応することを決めた"と語った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック