遣切り中止を 「さいたまユニオン」組合員

遣切り中止を 「さいたまユニオン」組合員ら、ショーワ前で抗議ビラ


埼玉新聞  
画像


「派遣切り」の中止を求め、出勤する労働者にビラを配る一般合同労組「さいたまユニオン」の組合員ら=6日朝、行田市のショーワ本社埼玉工場前

 自動車の減産に伴い、派遣労働者の削減を進めている行田市藤原町の自動車部品メーカー「ショーワ」本社埼玉工場前で六日、一般合同労組「さいたまユニオン」の組合員ら四人が抗議ビラを配った。出勤する労働者に「派遣切りをやめさせよう」と、派遣契約の中途解除や更新拒否(雇い止め)に対し泣き寝入りしないよう呼び掛けた。

 同社によると、同工場の労働者は約九百人。派遣労働者は十二月末現在約二百六十人で、このうち約百人を今月削減する。大半が中途解除という。

 同労組は、同工場が六月までに全派遣労働者の解雇を計画していると主張するが、同社は「現時点でそのような計画はない」と否定している。

 ビラは、自動車業界の過去の好況は夜勤や重労働を派遣労働者に押し付けて成立したと指摘。不況による派遣労働者使い捨てを非難し、「派遣契約の中途解除は違法」「正当な理由なき雇い止めは無効」などとしている。同労組に加入した派遣労働者七人のうち四人が職場を追われ、残る三人も今月末に解雇されるという。

 雇用契約が更新されず、今月九日で解雇される同市の男性(48)は、昨年八月に雇用契約を結んだ派遣会社「日研総業」から、「(派遣期間の法的)抵触日の六月一日までは大丈夫」と説明を受けたという。実質的な勤務は前回の契約期間が満了した十一月末まで。残りの一カ月余りで新しい仕事や家を探すよう言われたが、いずれも見つかっていない。「どうして六月まで使ってくれないのか。派遣会社は責任を持って、仕事が見つかるまで寮にいさせてほしい」と訴えた。

 同労組は、日研総業と十三日に団体交渉をもつ予定。その結果を受け、ショーワにも団体交渉を申し込む。ほかの組合員が契約している派遣会社にも、解雇撤回などを求めて団体交渉を要求している。

 ショーワ側は「対応については即答できないが、派遣会社が労働者にきちんと応対してもらえるよう、話し合いを行っていく」と話した。


【東京新聞埼玉】
『はい上がれない』 さいたまユニオン 製造業派遣に規制求める
2009年1月7日


 行田市の自動車部品製造会社「ショーワ」埼玉工場が大規模な派遣労働者の解雇を計画していることが明らかになり、六日、一般合同労組さいたまユニオンのメンバーらが解雇反対のビラ配布を行った。国会でも製造業派遣の規制へ論議が高まる中、解雇されたある男性(48)は「一度ハケンをやると、なかなかはい上がれない。完全に撤廃してほしい」と話している。 (柏崎智子)

 「取引先と当社との間の個別契約が終了しますので、雇用契約の更新を行わない旨、通知します」

 昨年八月から同工場に派遣されていた男性が、九日で契約を打ち切る「期間満了通知書」を渡されたのは昨年十一月下旬。会社の借り上げアパートからの退去も迫られた。それまでは雇用契約は三カ月ごとに更新され、今年六月一日までは同じ工場で働けると説明されていた。

 失業手当の受給に必要な離職証明書の発行を求めると、退職届を書くよう言われた。どう書いても自己都合の退職となる書式のため、判を押せないでいる。

 以前は運送会社の正社員で大型トラック運転手だった。二年前、指定された時間内に荷を運ぼうと速度違反を重ね、六カ月の免許停止となり、退社を余儀なくされた。

 職探しは難航し、正社員募集の会社には年齢を告げたとたんに断られた。やっと採用されたのが今の派遣会社。食いつなぐことだけを考え、不安定な身分になることを心配する余裕はなかった。

 時給約千円、住居費など引かれるとめいっぱい働いて手取り十数万円。工場では体調が悪くても代わる人がいなければ残業を断ることも許されず、同じラインにいる正社員との待遇の格差も味わった。派遣会社に「せめて寸志程度のボーナスを」と言ったら「ハケンにそんな権利はない」と言われた。
 加入したさいたまユニオンの交渉で当面アパートに居られることになったが、先が見えない。自力でアパートを借りる金はなく、寮付きの仕事を探すが、なかなか見つからない。
東京新聞1/7

派遣切り:反対、救済策を訴え--自動車関連工場などで労組 /毎日新聞 2009年1月7日 地方版

 派遣社員の契約解除を始めた行田市藤原の自動車部品製造会社「ショーワ」埼玉工場前で、一般合同労組・さいたまユニオン(田畑典保委員長)が6日、出社した従業員にビラを配りながら「退職届に判を押さないように」と呼びかけ、派遣切り反対を訴えた。

 同社によると、部品の減産に伴い昨年末、派遣社員30人との契約を解除、今月も100人を予定している。ビラ配りには労組のメンバー6人が参加。同ユニオンは「雇い止めの撤回か、他の就労先が確保されるまでは(派遣会社の)借り上げ寮に住ませるべきだ」と話した。

 一方、昨年11月に派遣元から中途解約と寮からの退去を告げられた日産ディーゼル(上尾市)の派遣社員で作る「日産ディーゼルユニオン」(荒井健太郎委員長)のメンバーらも6日県庁を訪れ、中島滋・産業労働副部長に雇用や住居の確保を求めた。

 荒井委員長らは、日産ディーゼルに「派遣切り」撤回を働きかけ、「年越し派遣村」のような受け皿を設けるよう要望。中島副部長は「個別企業への働きかけは難しいが経済団体への要請や、県営住宅への優先入居などに努めたい」と応じた。【町田結子、和田憲二】



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 中古車査定日産ディーゼル

    Excerpt: 中古車査定シュミレーションページです。大手数社から同時に一括査定ができます。 Weblog: 中古車買取 racked: 2011-11-30 20:59