動労千葉を支援する会 

アクセスカウンタ

zoom RSS 動労千葉 韓国の鉄道労組に連帯メッセージ

<<   作成日時 : 2013/12/17 09:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

鉄道労組が鉄道民営化阻止のために12月9日からストライキに突入したことに、熱い連帯の挨拶を送ります。そして12月10日鉄道公社が臨時理事会でスソ発KTX運営会社の議決したことを弾劾します。

私たちは鉄道民営化が鉄道の安全を破壊し鉄道労働者にどんなひどい災難をもららすかを20数年にわたる民営化反対闘争をとおして身をもって体験してきました。

私たちは民営化絶対反対の立場を絶対に放棄せずに闘い続けます。

鉄道労組が100万人の鉄道民営化反対署名を達成した、広範な労働者民衆の力と結合してストライキ闘争に勝利し鉄道民営化阻止の初戦において勝利されることを期待します。

2013.12.11
動労千葉(国鉄千葉動力車労働組合)委員長 田中康宏

警察、鉄道労組委員長など10人逮捕令状/ YTN - YouTube



アンカー] 鉄道労組のストライキが8日目を迎えている中で、警察が鉄道労組委員長など指導部10人に対して逮捕状を申請しました。

検察も関係機関と合同で対策会議を開き、追加で逮捕令状を請求して拘束捜査する案も検討することにしました。

ハンドンオー記者!

警察が少し前に逮捕令状を申請したんですって?

[記者] 警察は今日の午前11時半頃に鉄道労組の核心幹部10人に対する逮捕令状を申請しました。 逮捕令状の対象は、キム·ミョンファン、鉄道労組委員長をはじめ5地域労組本部長など10人です。
前に、警察は鉄道労組指導部を相手に3回にわたって召喚調査受けることを通知しました。
しかし、金委員長などは、最後の出席要求日の昨日の午前10時までの調査に応じていない。 警察は逮捕令状を裁判所から発行されるように、これらの強制求人に乗り出す方針です。
鉄道ストライキが長期化の兆しを見せ、検察など関係機関の動きも早くなっています。 検察も今日の午前、警察、国土交通省などと一緒に公安対策協議会を開き、逮捕令状を請求方針を決めました。

ソウル龍山(ヨンサン)警察署など5つの警察署に検挙専門担当班を組織し、裁判所から令状を受けるように強制的に求人に出てように指揮することにしました。
また、明日までストライキが続けば、10人に加えて、ストを主導した労組幹部の追加逮捕令状請求も検討することにしました。
検察はこれと共に、不法ストライキ重要な主導者たちに対しては、役職や役割、不法ストライキ参加度等に応じて拘束捜査するかどうかも検討する計画だと付け加えました。
逮捕ワラントかどうかは、早ければ今夜決定される見通しです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
動労千葉 韓国の鉄道労組に連帯メッセージ 動労千葉を支援する会 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる