動労千葉を支援する会 

アクセスカウンタ

zoom RSS 分割・民営化と外注化の結果 JR北海道で事故が激発

<<   作成日時 : 2013/07/23 17:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1


今年だけで8件の重大事故
 JR北海道の特急列車から出火したり、発煙したりする重大事故が激発しています。同型エンジンの車両は夏の観光シーズンである8月末まで運休となっています。7月15日の千歳線での事故は、走行中のスーパーおおぞら3号から出火しました。焼け焦げた臭いに車掌が気づき、緊急停止させ、乗客135人は避難してけが人はいません
でしたが大惨事寸前でした。

画像


 限界超えたスピードアップ
 事故の背後には、本質的な問題、安全の崩壊の構造的問題があります。
 JR北海道は、都市間を結ぶ航空網との競争でJR各社の中でもきわだってスピードアップを追い求めてきた企業です。北海道はJR各社の中で最も経営基盤が厳しく、当初から黒字経営など無理を承知で民営化されたのです。現在、特急列車は一日148本、うち最高速度130`以上の列車が134本。気動車で130`超の日常的な高速運転は、福知山線脱線事故での急カーブ高速走行を思いだします。
 寒冷地であり北海道は車両や線路の保守点検の面では、他のJR5社よりも条件は厳しいことは明白です。走行距離も長く、ディーゼル車が3百`以上を通しで走行することはエンジンに負担をかけています。
 最大の問題は、鉄道の保守部門を全面的に外注化したことです。JR北海道の発足時の社員数は1万2955人、現在は7267人です。
保守部門が外注化されて社員数は半減されたのです。経費削減のために車掌を廃止し、非常時対応もできないのです。
 すべては分割・民営化の結果
 事故の根本原因は国鉄分割・民営化にあります。民営化で経営が成り立ちようのない会社を無理やりつくり、ただひたすら競争原理に突っ
走らせたのです。すさまじいスピードアップと労働強化、外注化や非正規雇用化の中で、安全は無視されたのです。

画像

JR北海道で今年発生した主なトラブル
2月12日 函館線 特急スーパー宗谷2号の床下から発煙
3月24日 室蘭線 停車中の 特急北斗5号の床下から発煙
4月 8日 函館線 停車中の特急北斗20号の床下から発煙
5月 5日 函館線 特急スーパーカムイ6号の床下から発煙
6月11日 石勝線 特急スーパーおおぞら9号で油漏れ
7月 6日 函館線 特急北斗14号のエンジン付近から出火
7月15日 千歳線 特急スーパーおおぞら3号で配電盤から出火
7月22日  根室線 特急「スーパーとかち1号」 潤滑油が漏れ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
勉強になりました、
(^。^;)見解違うといろいろとわかりやすいですね
〜NORINKO〜
2013/07/23 19:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
分割・民営化と外注化の結果 JR北海道で事故が激発 動労千葉を支援する会 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる