動労千葉を支援する会 

アクセスカウンタ

zoom RSS 幕張支部山田支部長の決意 9・14外注化阻止!強制出向粉砕..総決起集会.

<<   作成日時 : 2012/09/15 17:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



支援の皆さん。連日職へのビラ入れありがとうございます。元気が出ます。当局は、9月12日の勤務アケの人から、外注化・強制出向の事前通知を強行しています。ふざけるな!まだ何も決まっていません。団交でも、職場の趣旨説明でも何もまとも答えられません。組合員の怒りの抗議に、当局はさらされています。
就業規則には、「会社の業務上に必要な場合は社員に出向を命じる。社員は相当の理由がない場合は、社員は拒むことはできない」と書いてありますが、「業務上に必要な場合」とは何か?と会社に聞いても何も答えられない。答えられない出向に私たちは行くつもりはありません。会社は、エルダー社員の雇用の場の確保のため」と言っていますが、この5年間は退職する人はいません。雇用の場を確保しなくてもエルダー雇用の場はあるんです。全く嘘ばっかり。「出向して社員の技術指導してもらう」といっていますが、10月1日をもって何するのですか。出向先のCTS(千葉鉄道サービス)は社員の雇用もしてない。学校に求人を出していない。いったい誰に指導するのか。
「コスト削減」と言っているが新たに助役を雇って人件費2億ぐらいかける。団交で質問すると、「答える必要はない」という。
外注化は絶対に止められる。
当局が配っている「就労条件など」という文書があるのですが、「事業名は千葉鉄道サービスとあり、業務内容が駅の掃除、車両の掃除、検査修繕、リネンサプライ業務、駅管理業務とあります。出向に出す社員には「運転列びに構内業務」と書いてあります。CTSにはこの業務ができないわけです。これは偽装請負そのものです。
組合員が、「新しい職場はどこにあるのか」との追求すると、「職場の名前は幕張運転車両所」とあるんです。そんな職場どこにあるのですか。建物も工具もない。そのまま人も、工具もロッカーも職場全部、10月1日に持って行くというのです。明らかな偽装請負です。こんな事を認めるわけも行かないし、法律上から言っても絶対止められる。うちの組合員も止められると思っているし、そんなに焦っていません。
東労組の裏切り。国労もそうですが、2回ぐらいの団交で終わって、今度東労組の掲示判に何が書いてあるのかとみたら、「定年延長を65歳までにしましょう」。だったら外注化も出向も必要はないでしょう。そのときに定年延長を要求すればいいではないか。本当に嘘ばっかり。こんな外注化は絶対に認められません。絶対に止めますのでよろしくお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
幕張支部山田支部長の決意 9・14外注化阻止!強制出向粉砕..総決起集会. 動労千葉を支援する会 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる