動労千葉を支援する会 

アクセスカウンタ

zoom RSS 紫陽花革命情勢のなか、動労千葉を支援する会・北部総会開かれる

<<   作成日時 : 2012/07/17 09:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月4日、池袋で40名の労働者が結集して、「動労千葉を支援する会・東京北部」の第3回総会が開催されました。動労千葉からは関道利執行委員、鈴コン分会から鈴木善弘執行委員が参加、そして鈴コン闘争を闘う池袋地域の労組からも参加があり、国鉄闘争全国運動が北部で「地区労作り」として前進していることが実感できました。

鈴コン分会の鈴木執行委員は、「私達は地裁での仮処分裁判に勝利した。これを元に、関西生コンが行っているような『産別闘争』、そして地区労的な組織を東京に創り出すことに全力を挙げている。社前闘争や浮間舟渡での街宣、労組オルグで大きな広がりをつくり出している。7月15日の支援連帯会議結成集会に集まろう」と訴えました。東京一般労組東京音大分会長は、大学の職場でも非正規の比率が約70%となり、劣悪な使い捨ての労働条件で働かされてこと、鈴コン闘争支援共闘会議の呼びかけ人として「これは自分を含めた非正規職の闘いです。勝利するまで頑張りたい」と熱烈な決意を表明されました。

動労千葉の関執行委員は、まず6月29日に鉄建公団訴訟で出された地裁の反動判決に触れ、矛盾した判決ではあったが、原告組合員全員が採用候補者の名簿に登載されていたにも関わらず、改革労協の横槍で不当な採用基準を策定して動労千葉の組合員を名簿から削除したのは明確な不当労働行為であると認定したことを前進と捉え、解雇撤回を勝ち取るまで闘う、と決意を述べました。そして10・1構内業務全面外注化攻撃について、対象となる組合員全員が強制出向阻止の仮処分申請を行うための委任状(血判状!)を提出して7月からスト態勢に突入したこと、週2回の「外注化阻止ニュース」を、京葉・幕張の車輌センターをはじめ東日本のJR検修職場で配布して外注化を止めよう、非正規化を止めようと呼びかけ
られました。

別所代表の基調提起は、@首相官邸前20万人情勢のなかで、大飯原発再稼動と消費税アップの野田政権打倒へ、多くの労働者と結びついて立ちあがること、A鉄建公団訴訟での判決の意義を確認し、国鉄闘争全国運動を前進させること、B10・1外注化阻止の闘いに勝利し、そのなかで北部100人会員を実現し11月集会1万人結集を勝ち取ること、が核心点として提起されました。

画像


精研労組からは、今春闘の闘いを通じて、6・10集会への組合員の結集が「お付き合い」から「行こう!」に変わったこと、正規職と非正規職が一緒に闘い、ついに非正規職の夏期一時金アップを勝ち取ったことが報告されました。東京北部ユニオン「街」分会からは、障害者自立支援法との闘いは、国鉄闘争を基軸とした民営化攻撃との闘いそのものであり、動労千葉物販と福島診療所建設カンパに全力で取り組んでいることが語られました。また、首相官邸前行動参加者から「やたらと『市民』『個人』が強調されていたが、なにかおかしい。やはり労働組合・労働運動が先頭に立つ必要がある。マルクス主義の勉強を通じて労働組合の重要性を認識し始めている」、自治体労働者から「多忙化攻撃は新自由主義攻
撃だということがわかった。やっぱり動労千葉のように『絶対反対』で闘わなければ」、「外注化阻止へビラまきでも何でもやりたい」など、活発なやりとりが行われました。
新たな役員選出が拍手で確認され、交流会は、関さん・鈴木さんを囲んで、大いに盛り上がりました。

歴史が今、変わろうとうしている情勢下、熱い総会となりました。首相官邸前20万人「紫陽花革命」にあるように、労働者民衆が膨大な規模で流動化し、行動を開始しているなかで、本当に闘う労働組合の復権が問われています。そのために、東京北部では鈴コン闘争労組オルグと動労千葉物販オルグを一体化させて精密化し、青年をはじめ新しい活動家層を作りだそうとしています。動労千葉物販拡大、動労千葉を支援する会の会員拡大へ、熱く熱く、がんばりましょう!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
紫陽花革命情勢のなか、動労千葉を支援する会・北部総会開かれる 動労千葉を支援する会 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる