動労千葉を支援する会 

アクセスカウンタ

zoom RSS 京浜東北線東京駅のレールにひび 消火活動の影響か2011年1月7日12時19分

<<   作成日時 : 2011/01/16 10:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


. 7日午前0時45分ごろ、JR東京駅(東京都千代田区)の京浜東北線大宮行きホームで、進入してきた大船発大宮行き普通列車(10両編成)が異音を感知した。線路を点検したところ、レールに幅約2センチのひびが入っているのが見つかった。列車は約40分現場に停車し、午前1時26分運転を再開した。

 JR東日本東京支社によると、現場は6日夜、レール下の絶縁板が燃えて3時間にわたって運転見合わせになり、約8万2千人に影響した事故の発生場所と同じ。同社は消火活動によって急激にレールの温度が下がったことなどが原因と見て、レールを交換して調べている。

.東京駅 線路火災、2時間後に消火 京浜東北線も再開
毎日新聞 1月6日(木)23時25分配信
画像


 6日午後7時35分ごろ、東京駅(東京都千代田区)のJR京浜東北線北行きの線路付近から煙や火花が出ているのを駅員が見つけ、119番した。


 東京消防庁によると、燃えたのはレールに流れる電流が他の構造物に伝わるのを防ぐため、下に敷かれた樹脂製の絶縁板で、出火から約2時間後に消し止められた。同庁などが出火原因を調べている。けが人はいない。絶縁板は08年6月から使用を始め、週1回程度点検し、今月4日の点検では異常はなかったという。

 JR東日本東京支社によると、出火当時、大船発大宮行き普通電車(10両編成)が近付いていたため、駅員が非常停止装置を押し、緊急停車させた。乗客約2000人は同駅で降りて避難した。この火災により同線は約3時間にわたって北行き、南行きとも一部区間で山手線の線路を使うなどして対応。56本に遅れが出て、12本が運休し、8万2000人に影響した。

 火災発生当時、消防やJR社員ら数十人が線路上で消火剤をまいたり安全確認を行うなどし、大勢の利用客らがホームから規制線越しに作業を見守った。【町田徳丈、松谷譲二】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
京浜東北線東京駅のレールにひび 消火活動の影響か2011年1月7日12時19分 動労千葉を支援する会 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる