動労千葉を支援する会 

アクセスカウンタ

zoom RSS 動労千葉を支援する会・三多摩 そして支援する会山陰を結成!

<<   作成日時 : 2010/06/21 19:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

「動労千葉を支援する会・三多摩」結成
 6月27日、「国鉄分割・民営化反対!1047名解雇撤回!動労千葉を支援する会・三多摩結成集会」が八王子子安市民センターで開催され、待望の支援する会が東京・三多摩の地で発足しました。集会には、約40名が結集、冒頭、元全逓労働者が、「6・13国鉄集会は、国鉄1047名闘争解体攻撃に対する怒りに満ちた、熱気あふれる集会だった。全国運動はまだ始まったばかり。闘いはこれからだ」とあいさつ。
 つづいて支援する会・事務局長山の本弘行さんからアピールを頂きました。山本さんは、「三多摩は東京では西部に続く2番目の結成であり、首都圏の結成が決定的」と切り出し、動労千葉の反合・運転保安闘争にふれて「安全は労働者の誇りの問題」「職場のヘゲモニーを握るのが資本か労働者か、ここが闘いのカギだ」「国鉄闘争はこれからという意気込みで、百万人の国鉄闘争支援陣形に切り込んでいこう」と語りました。
 続いて、定期委員会の開催で参加できなかった動労千葉・田中委員長から「この『政治決着』は、労働組合を闘わないものにかえるという、戦後の労働運動の歴史を画する攻撃です。攻防の焦点は労働組合です。労働組合、労働者は団結して社会を動かす素晴らしい力を持っているはずです」というメッセージが読み上げられました。
 基調報告は国労豊田運輸区分会の中村幸夫さんが行いました。「私たちは今まで何のために闘ってきたのか? 分割・民営化に反対し、クビを覚悟し、労働者の為に闘ってきたのだ。今こそ労働組合の真価が問われている」と熱のこもった報告がされました。
画像

 会場から青年労働者が発言の先頭に立ち、三多摩での動労千葉労働運動の前進を実感するものとなりました。移転・大合理化と闘う日本機械労組から「6・13集会に参加して、この闘いしかないとおもった。支援する闘いは、現場からの闘いが最大の支援となる。大合理化と対決して、現場から1人でも多くの労働者を獲得していきたい」と発言。苦情を理由に出勤停止処分を受けているバス労働者は「日本の労働運動がどうしてこんなにおとなしいのか。現場の労働者の意識を変革しないといけない。現場から変えていく」と発言。解雇撤回を闘う合同労組の仲間は「ようやく解雇撤回裁判も証人尋問になります。傍聴席を埋める闘いを」と発言。合同労組・八王子の委員長は「腐った地区労をぶっ壊して、動労千葉のような労働組合がそれにとって替わろう」とアピール。全部で13人が発言する活発な集会でした。
 そして3人の共同代表と事務局長を選出。事務局長に就任した電機労働者から、「一人でも多くの支援する会の会員を獲得していこう」など、具体的方針が提起されました。集会後の交流会には20人が参加。山本さんからのブラジル訪問の話で盛り上がり、この日で7人が新たに支援する会・三多摩に入会しました。
 闘いは始まったばかり。今後、三多摩地域に会員を広げ、闘う労働運動を甦らせていこうという決意を固めました。
国鉄闘争の火を消すな!山陰で新たな国鉄大運動スタート!
高石正博さん(動労千葉争議団代表)を迎えて、米子国鉄集会を開催!
動労千葉を支援する会・山陰を結成!
6                          動労千葉を支援する会・山陰

画像


「国鉄分割・民営化反対、1047名解雇撤回を支援する全国運動」の発足(6月13日)を受けて、山陰でも20名の闘う仲間が結集して、6・20米子国鉄闘争集会が開催されました。そして、その場において「動労千葉を支援する会・山陰」が結成され、この新たな国鉄大運動を職場・地域に広める活動がただちに開始されました。
集会は、「動労千葉の反合理化・運転保安闘争」のビデオ上映から始まり、動労千葉の40年近い闘いの歴史と地平を学び、階級的労働運動の実践のすばらしさが感銘を呼ぶ中で、大江動労西日本委員長の開会のあいさつに立ちました。大江委員長は「新たな国鉄大運動こそ、労働者階級の未来を切り開く勝利の進撃路だ。ここにかけて闘おう」と檄を発しました。続いて、動労千葉争議団を代表して高石正博さんが「国鉄闘争の火を消すな!」と題して特別アピールをおこないました。高石さんは、1047名当該としての不退転の決意を明らかにした上で、動労千葉が反合・運転保安闘争路線を確立した歴史的闘争となった1972年船橋事故闘争の当該としての熱い思いを込めて、動労千葉労働運動の歴史と切り開いた地平への確信と新たな全国大運動にかける抱負を縦横に語りました。そして、ただちに山陰の仲間とともに3日間の「夏期物資販売」闘争に出発することを宣言しました。
地元を代表して、国労共闘・米子代表の鷲見貢さんが基調報告をおこない、国労の現場からの決起で国労の連合化策動を粉砕し、動労千葉と固く団結して、国鉄・沖縄を基軸に70年闘争を越える階級決戦に勝利しようと提起しました。動労西日本・山田副委員長、国労共闘・米子、百万人署名運動山陰連絡会からの決意表明を受け、集会が最高潮に達したところで、「動労千葉を支援する会・山陰」の結成総会に移り、満場一致で結成が承認されました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
動労千葉を支援する会・三多摩 そして支援する会山陰を結成! 動労千葉を支援する会 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる