動労千葉を支援する会 

アクセスカウンタ

zoom RSS ,5月27日 フランス労働者らが大規模ストライキ

<<   作成日時 : 2010/05/30 14:59   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

サルコジの年金制度改悪に対抗して,フランス労働者らが大規模ストライキを行った。 6ヶの全国労働組合連盟が27日(現地時間)ストライキに参加したし,全国100万人がデモに出た。 数多くの飛行機と列車運行が中止されたし,大学を含んだ多数の学校が休校または休講措置したし官公庁の業務にも影響を及ぼした。
画像


フランス政府は今週財政赤字解消のために退職年齢を段階的に上げると発表した。 政府によって,公式確定してはいないが言論によれば現行60才年齢は63才で調整される予定であり,こういう場合労働者は年金を受けるために41年を仕事をしなければならない。


財務長官フラン所とバールーアン(Francois Baroin)は今回の計画を“政党”と“普遍的な”措置と防御したし,財政赤字のために現行年金制度を維持できないと説明した。 包括的な財政支援がなされない場合フランス延べ基金は2050年から毎年100万ユーロの赤字を持つことになる予定だと付け加えた。


しかしフランス人ら大部分は現行年金制度をフランス社会福祉国家の象徴で認識しながら,政府計画に否定的だ。 アンケート調査によればフランス人の3分の2が60才の退職年齢を守ろうと思いながら,このために通り(距離)に正月用意があると明らかにした。


ヨーロッパ連合所属国家らでは多い場合65才に年金を受けることになるがフランスでこの年齢は平均58.8才に該当する。 フランスの現行年金制度は1981年社会主義ミッテラン政府の時65才から60才に下方修正されて,現在まで維持されてきた。 一方,サルコジは“この時退職年齢が下方調整されなかったとすれば今日より敵は問題があっただろう”と非難したことがある。


これとは反対に社会主義野党は他の解決法を提示する。 政党代表マルチン オブリ(Martine Aubry)は2012年大統領選挙時左派が勝利する場合退職年齢をまた60才で調整すると明らかにした。 彼は退職年齢を下方調整する代わりに資本と高所得収入(輸入)者に対する追加的課税制も新設と1979年から施行中の雇い主寄与金引き上げで延べ基金を補充することだと説明した。


フランス政府によればこの日11.6%の国家公務員がストライキを行ったし,労働組合では学校と公共輸送部門で労働者の3分の1がストライキに参加したと明らかにした。 ストライキには公営(共栄)ラジオ放送,電流企業EDF,電信(前身)と郵便労働者らも一緒にした。 またフランスの2ヶ空港は10%で30%航空便を取り消さなければならなかった。 国鉄SNCF中近距離鉄道と地域鉄道は25%運行されなかったけれど超高速TGV列車はこれとは反対に正常運航された。 これらは特別年金制度に含まれて,年金改革によって,影響を受けないためだ。


一方,闘争に出たフランス ミン・ジュノ同連盟(CFDT)代表フランソワ セレク(Francois Chereque)は“政府は労働者多数に(ほれる)反する政策を作っている。 今回の計画を中止させるために私たちは今日荒々しい抵抗で答えなければならない。 また政府が私たちの意見を聞かない場合私たちはずっと抵抗するだろう”と話した。 政府が私たちの意見を聞かない場合私たちはずっと抵抗するだろう”と話した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
,5月27日 フランス労働者らが大規模ストライキ 動労千葉を支援する会 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる