動労千葉を支援する会 

アクセスカウンタ

zoom RSS JR不採用問題:解決案、県内に賛否 「労働者の状況、改善ない」 /千葉 毎日4・10

<<   作成日時 : 2010/04/13 20:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


 国鉄分割・民営化に伴う1047人のJR不採用問題で9日、政府と与党、公明党による解決案が示された。県内では「一区切りついた」と肯定的に話す関係者がいる一方、「解決とは言えない」と反発する声も出た。分割・民営化から23年。「国家規模の不当労働行為」と呼ばれた問題の解決案を、当事者たちはそれぞれの立場で注視した。【斎藤有香】

 解決案は、裁判所が「どの組合に所属しているかで採用差別があった」と認定した事実を基に和解金の額を算出した。不採用とされた旧国鉄職員の大部分が所属していた国鉄労働組合(国労)。千葉地方本部の組合員の一人は9日、「負の遺産とされた大部分が整理された。これで一区切りだ」と話した。しかし、JR各社に雇用を義務付ける内容ではなかった。「解決案を否定するものではないが、この間に亡くなってしまった人の無念もある。手放しで良かったとは言えない」。声のトーンは低めだった。

 一方、1047人のうち9人が所属する国鉄千葉動力車労働組合(動労千葉)の田中康宏委員長(54)は「当事者なのに何も提示されていない。裁判も係争中なのに自分たちを除外した形で話が進んでいる」と怒りをあらわにした。解決案は報道で知ったという。「金銭だけの解決策になってしまった。和解に100%はないと思うが、僕らにとって納得できるものではない」と残念そうに話した。動労千葉は国鉄分割・民営化とJR不採用の問題を組合員だけの問題ではないと考えていたという。田中委員長は「日本の労働者がワーキングプアや非正規労働に突き落とされた分岐点だった。労働者のひどい状況が少しでも改善されることが勝利だと思うが、報道を見る限りそうではない」と憤った。

 JR東日本広報部は「解決案が届いておらず、具体的な内容を承知していないのでコメントは差し控える」としている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
JR不採用問題:解決案、県内に賛否 「労働者の状況、改善ない」 /千葉 毎日4・10 動労千葉を支援する会 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる