動労千葉を支援する会 

アクセスカウンタ

zoom RSS KBS契約職支部,本館占拠座り込み

<<   作成日時 : 2009/11/16 17:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

キム・ポンソク記者ⓒ毎日労働ニュース


全国言論労組KBS契約職支部(支部長ホン・ミラ)が15日現在3日目ソウル,汝矣島(ヨイド)KBS本館ロビーで座り込みを行っている。 非正規社員契約解約中断と子会社転出撤回を要求しながらKBS使用側と交渉を行ったが成果がなかったためだ。

画像

支部組合員50人余りは去る13日交渉中断を宣言して,KBS本館ロビーで座り込みを行いながら,イ・ビョンスン社長出勤を阻止した。 KBS警備警察らが組合員らを防いで立ちながら,両側間体の小競合いが広がることもした。 この日現在10人余りの組合員らが本館ロビーに残って座り込みを繋いでいきつつある。

KBSと支部は去る7月から9回の実務交渉と6回の本交渉を持って雇用安定委員会設置と非正規解雇者復職方案に対して議論した。 だが12日開かれた本交渉で使用側は支部の提案を収容(受容)できないという意思を明らかにしたと言論労組関係者は伝えた。

画像


これに伴い支部は“交渉暫定中断を宣言して全面闘争に出る”と明らかにした。 支部はまた"非正規職大量解雇を主導したイ・ビョンスン社長が次期社長を選定するのに公募した"として"が社長がまたKBS社長に就任するならば国民はこれ以上公営放送を信頼しないことなので再任反対闘争に出る"と明らかにした。

一方今回の社長公募に挑戦状を出したホン・ミラ支部長がKBS社長候補推薦委員会が圧縮した5倍数候補群に聞いて目を引いている。 KBS社長公募には15人が申請したのに,邪推委は書類審査を経て,罹病順ヒョン社長とキム・インギュ韓国デジタルメディア産業協会長・江東(カンドン)順前KBS監査・イ・ボンヒ前アメリカKBS社長・ホン・ミラ言論労組KBS契約職支部長を候補群で圧縮した。

ホン支部長は<毎日労働ニュース>との通話で"書類審査を通過したという消息を聞いて少しは驚いた"ながらも"パフォーマンスでない労働者も社長になることができるということを見せるという心情で公募をしただけに面接も最善を尽くして準備する"と話した。
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
KBS契約職支部,本館占拠座り込み  動労千葉を支援する会 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる