動労千葉を支援する会 

アクセスカウンタ

zoom RSS 双龍(サンヨン)車,生き残った者の悲しみ

<<   作成日時 : 2009/07/08 17:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
“ストライキ20日のため越えて,工場を離れました”
[メディア忠清(チュンチョン)]チョン・ジェウン記者/ 2009年07月08日14時47分
双龍(サンヨン)車正門は離散家族対面の職人だ。
血が混ざった家族だけでなく10年以上を共に仕事をしながら,ある釜飯食べた同僚も会えない。
6日夕方双龍(サンヨン)車作業服を着た労働者らが同僚を探したが正門とバリケードを間に置いて対話だけ分けた。
これらは顔を向かい合うために正門とバリケードに上がって,ヒジをかけた。
いわゆる話す‘生きた者’らだ。
5人の‘生きた者’らは整理解雇通知を受けた‘死亡者’である同僚が父親喪にあって,慶南(キョンナム),金海(キムヘ)に降りて行って,弔問した。
これらは埋葬地までついて行って家で行かなくて工場でストライキ闘争を行う同僚らが見たくて,平沢(ピョンテク)工場でまさに引き返したといった。
‘死亡者’らは平沢(ピョンテク)工場に閉じ込められて,弔問さえ行けなかったし,希望退職でも解雇通知除外者でも生き残った者ら100人余りだけ弔問を行った。
警察の‘ほう助’下に双龍(サンヨン)車使用側,用役(サービス)らが工場進入をした後‘買った者’らはあたかも会社編であるように見える。
使用側は双龍(サンヨン)車の正常化を主張しながら,命を失ったり数多くのケガ人が発生するほかはない警察兵力を平沢(ピョンテク)工場に投じろと主張しながら,'死亡者'らにまた死ねと話す。
双龍(サンヨン)車役職員を含んで生き残った者4,500人余り,協力業者2万人が生きるべきで‘一緒に暮らそう’とストライキを行う900人は死ねという。
しかし労組は上海車の‘モクトゥィヘンガク’が糾明されるべきで,公的資金投入で双龍(サンヨン)車を回復するところが生き残った者と協力企業等が‘生きる道’と話す。
人間,そして生きている全てのものの命より利潤が先にの資本の属性はそうだとしても生き残った労働者らの考えはどうだろうか?自身の人生(暮らし)の安全と危機のためにはある釜飯食べた同僚に警察兵力を投じなければと考えるだろうか?
‘生きた者’らも所信がある人々が多くて
整備サービスセンターで仕事をする5人の‘生きた者’らは記者が近づくや警戒した。
会社で不利益にあうかと思ってそうなんだ。
唯一労働者A氏が自身はインターネットに顔写真出て行っても関係ないといった。
理由を尋ねるや会社ですでに何回警告状を受けたといった。
するとそばにあった同僚が作業服ジャンパー財布で使用側が送った警告状を取り出して見せてくれた。
6月30日付で送った警告状には‘6月15日から職務遂行拒否でチーム長名の警告状を3回発行したが継続的な職務遂行拒否によって大顧客サービス業務および人材運営上の管理に支障を招来させることはもちろん同僚職員らにも不満発生要因および不信らを助長’したと書かれていた。
分かってみるとこれらは使用側が6月26〜27日用役(サービス)を同行して,武装して無理に工場進入をする当時参加しなかった労働者らだった。
“私は双龍(サンヨン)車職員なのに警察が工場の中に入れないようにするというのが不合理です。
私の顔ですか?言論に出て行ってもかまいません。
すでに会社で警告状たくさん受けたのに何.
職員らが皆決議大会に出て行くように見えるのに所信があるように過ごす人々が多いです。
自発的に決議大会に出て行くのではありません。
文字,警告場症(証)色々な脅迫らが多いです。
工場進入するという時,平沢(ピョンテク)公設運動場で朝8時に集まって行くといったのに私たちはその日参加するまいとみな月次使いました。
今整備サービスセンターを憤死するというのに,チェアマンの側に憤死が施行される前に臨時にそこで仕事をしろといいました。
憤死自体が不当だったものだがそこに警告状まで受けています。”
労働者B氏も口を開いた。
彼は工場垣根外で同僚らに会うから心が痛いとし‘これが現実か?’と問い直すことになるといった。
工場進入する当時参加しなかったとし,使用側の“下手人”になって動く組合員を見る時“恥ずかしくて恥ずかしい”とした。
A氏と同じように使用側の憤死施行を批判することもした。
双龍(サンヨン)車使用側は整理解雇と同時に憤死を施行したし,先月26日最終案を出す時も憤死施行を押し切ると明らかにした。
労組は整理解雇撤回とともに正規職を非正規職化する憤死施行を反対するという立場だ。
“平沢(ピョンテク)工場は職場閉鎖したのに整備は正常勤務します。
労使間合意もならなかったのに車両修理(受理)をするべきで仕事をさせます。
だから物事になりますか?そして半分が解雇された状態であるから仕事がさらに帰らないです。
工場進入する時,行かないでするから勤務怠慢だと警告状を乱発します。
‘するな’としてもします。
事実山者なども会社で管理者らと戦います。
労組が初めに生存権をいいながら,全体職員が生きるための中(案)を提示しても共同管理人はでたらめにただ1人でもぎゅっと満たして解雇するといいます。
その人々言葉が‘法’であるようにですね。
人間としてできない行動を今までしました。
事実構造調整終われば共同管理人は会社出て行く人々です。
使用側が組合員らをジグらどうし戦う過程を作るんです。
外でニュース見ればあれが何をする姿なのか…心が良くないです。”
“リフト車動画ですか?私でも戦うほかはなかったでしょう”
‘会社がなぜ組合員らどうし戦うようにするんですか?’と尋ねるや彼は一言で会社が‘脅迫’するからやむを得ず‘生きた者’らが会社の指針により動くということだといった。
最も大きい理由が会社の‘脅迫’とのことだ。
刑事告発,損害賠償,仮差押さえ,無断欠勤処理による懲戒解雇,警察兵力投入説…ストライキ参加者らがリフト車で用役(サービス),職員らを押したと主張しながら,言論に配布された動画に対しても口を開いた。
意外な返事だった。
“私がストライキに参加していたとすれば,もし解雇対象者だったら私も戦うほかはなかったでしょう。
ネズミもすみに集まれば猫をかむと印鑑(道場,塗装)班でちょうど進入するけれど。
さらにストライキが50日近くなるのにその間工場案で心の覚悟を固めたことで,会社が工場に入って(聞いて)くるのを見ながら,一度に奪われるという気がしたはずなのに戦わない人がいました。”
これに対する責任と願望は共同管理人に向かった。
一緒に住むことが答とし,それが純粋な意味で会社を回復させるところだと付け加えた。
彼に共同管理人は2,646人をみな切る時まで大量の整理解雇を含んだ構造調整を推進する人としか見られないようだった。
“共同管理人が2人なのに理由日は外部の人であったし,パク・ヨンテは会社役職員でした。
入社して,ずっと昇進して高い席まで上がりましたよ。
理由日は構造調整終われば会社捨てて行く人で,パク・ヨンテはそれでも役職員であったのに会社の回復に対して悩まなければならないということ違いますか?1,700人が希望退職して,すでに会社を出て行ったのにずっと解雇を推進する理由が何かわからないでしょうね。”
解雇通知受けた同僚父親喪,“管理者ら一つも来なかったそうです”
彼はストライキ20イルチャが越えて,平沢(ピョンテク)工場を離れた。
使用側で出勤しなければ無断欠勤で懲戒解雇するという使用側の‘脅迫’に勝てないでいったんだ。
それはやはり被害者であった。
そして家族らも目にありありと浮かんだ。
小学生,中学生子供たち…彼の顔色が暗くなった。
“とにかく一緒にできなくて申し訳ありません。
勇気失わずに,健康維持して,笑う顔で元気な姿で送れたらと思う希望です。”
インタビューが終わったが話す言葉がもっとあるならば記者を呼んでたてた。
解雇された同僚父親喪に弔問行って告別式まで見守ってきたが使用側管理者らが一つも見られなかったとし怒った。
普段のようならば代表理事名義で花輪もきたはずなのに解雇通知受けたととても冷酷に追い出すとし,胸が痛いと伝えた。
この話(言葉)は必ずしなければならないとし,ある最後の言葉が管理者らに吐き出した怨念の声だった。
5人の‘生きた者’らは自身の仕事場で同僚さえ安心して会えないままそのようにとぼとぼ足取りを移した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
双龍(サンヨン)車,生き残った者の悲しみ 動労千葉を支援する会 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる