動労千葉を支援する会 

アクセスカウンタ

zoom RSS 双龍(サンヨン)自動車支部 声明書 7月20日

<<   作成日時 : 2009/07/21 09:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

双龍(サンヨン)自動車支部
声明書
イ・ミョンバク政権は確実第2のヨンサン参事を望むのか!公権力3次侵奪を強力に糾弾しながら,死ぬことを覚悟して闘争するだろう。
玉砕ストライキ60日のため,高空座り込み69一次に入り込んだ双龍(サンヨン)自動車工場に3回目公権力侵奪が強行された。
7月18日睡眠ガスを利用して,鎮圧をするという会社側のシナリオですでにあらわれたように警察と会社の合同作戦は大切な私たちの仕事場を火の海で作った。
明け方から進行された鎮圧作戦は32個中隊が追加で投入されて塗装工場を中心にした拠点を四方で取り囲んでいる。医療スタッフと副食も搬入を禁止した警察と会社は,高架車両,特殊化学車両,リフト車などを搬入させ、,ガスと水を切るなど史上類例がない弾圧を行いながら,工場をじゅうりんしている。

家族対策委員会一分の死!

殺人を止まれ!

 公権力投入報せに接したある組合幹部の夫人が今日、生と死の運命を別にした。永らくの未払い賃金,整理解雇という極限の苦痛の中で60日間闘争をした双龍(サンヨン)車家族らの希望は素朴なのだ。さらには最近管理者らが家族を訪問しながら,損賠仮差押さえと刑事上責任に対する話をしながら脅迫をしたという。
 ちいさな子供を置いたママとして大切なくつろぎの場所を作って子供の未来を夢見たのが確実死ぬ程のつかんだということか? 一生働いた大切な仕事場だけは頼むから奪わなくなってくれという双龍(サンヨン)車家族らの叫びが人を殺す程の罪悪であったというのか?
 双龍(サンヨン)車支部幹部として60日間,ストライキ闘争を導いたイ・ジェジン政策部長が夫人自決試み消息を聞いて外に出てきている間逮捕された。60日間,整理解雇に対抗して,工場を守ったストライキ組合員が夫人自決試み消息を聞いて工場の外に出てきて警察公権力に連行されたあきれた現実だ。
任意釈放形式で現在霊安室を守っている。
 今回の事態に対して警察と一部では"個人うつ病による自殺"としながらストライキ組合員夫人自決を罵倒して侮辱する形態を見せている。
 ストライキ組合員夫人の自決報せに接して,悲しみにぬれた正門の前で双龍(サンヨン)車使用側は"オー必勝コリア"等音楽を大きくかけてより大きい怒りをかっている。
 警察も支援連帯行動を威嚇しながら怒鳴りつけて検挙するとして,脅迫を日常行っている。
その間家族らを訪問して,無数の懐柔と脅迫を行った会社は明確にこれに対して責任を負わなければならないだろう。
 政府が投じなければならないことは公権力でなく公的資金という労働組合の切なる叫びを無視したイ・ミョンバク政府は今回の事件に対して明らかな責任を負わなければならないだろう。

ヨンサン参事半年になって,天狗をする日だ。

 塗装工場侵奪は第2のヨンサン参事を呼ぶことだと何度も警告したにもかかわらずガスと水を切りながら,公権力侵奪を行った。
私たちはイ・ミョンバク政府の公権力侵奪を強力に糾弾しながら,次にのように要求しながら,このような要求が受け入れられない時、死ぬことを覚悟した闘争で決死抗戦するだろう。

一つ.
家族らに対する恐喝脅迫を通じて,事態をより一層悪化させている現法廷管理人は責任をとり辞退しなさい!
一つ.
第2のヨンサン参事を呼んでいる3回目の公権力投入を通じて,6回目殺人を犯した警察庁長官は直ちに辞退しなさい。
一つ.
イ・ミョンバク政府は公的資金投入,上海資本株式焼却,整理解雇を直ちに撤廃しなさい!
2007年7月20日

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
双龍(サンヨン)自動車支部 声明書 7月20日 動労千葉を支援する会 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる