動労千葉を支援する会 

アクセスカウンタ

zoom RSS 塗装工場警察投入時,民主労総総力闘争

<<   作成日時 : 2009/07/15 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

塗装工場警察投入は大型惨事危険

キム・ヨンウク記者batblue@jinbo.net / 2009年07月15日13時59分
民主労総が56日間玉砕ストライキを展開している双龍(サンヨン)自動車塗装工場に警察力を投じる場合ゼネストを含んだ総力闘争に出ると政府に警告した。

民主労総イム・ソンギュ委員長は15日午前永登浦(ヨンドンポ)事務室で記者会見を行って“政府が民主労総の闘争力がすっかりなくなって,ゼネストができると思って闘争力を中心にこの問題を眺めるのに目に見える組織力と物理力だけ持って判断すれば誤った判断”と警告した。

イム・ソンギュ委員長は塗装工場に対する公権力投入は火薬を持って火薬庫に持って行くことでイ・ミョンバク政府の墓になること”としながら“すべての鍵を握っている大統領府が積極的にでろ”と促した

民主労総は非正規職法,メディア法,双龍(サンヨン)車問題解決などを要求しながら,20日から25日まで国会の前座り込みに突入する。25日にはソウルや平沢(ピョンテク)で大規模労働者大会も開く。
金属労組は16日拡大幹部4時間ストライキに突入して双龍(サンヨン)自動車平沢(ピョンテク)工場の前で集中集会をする。金属労組はまた22日全組合員ストライキ闘争も行う。

金属労組は去る13日代議員大会と14日トゥボヌェウイで週1回以上15万組合員ストライキを確定したことがある。
39日間煙突座り込みを行って健康問題に降りてきて,手配状態のキムルレ金属労組双龍(サンヨン)車支部副支部長も記者会見に出た。

キムルレ副支部長は“私も塗装工場で8年目勤めた。塗装工場の中には数多くの焼き付け物質が積まれているから公権力投入は揮発類に火をつけるようなもの”としながら“労組は対話をしようと使用側と政府は公権力で解体するとだけする”と対話を促した。

ジョンガプ得金属労組委員長は“来週中で指導部の足を縛るために44人に対する逮捕令状が発給なる予定だが,週1回以上最善を尽くして,ストライキに出るだろう”と明らかにした。
ジョンガプ得委員長は“労組が提示した無給循環休職などは会社に籍だけ置いて雇用関係だけ維持しようという案で世界的に由来ない破格的な案”としながら“政府は模範的な整理解雇を敢行して,これをモデルで全国的な整理解雇を実施するという目的しかない”と非難した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
塗装工場警察投入時,民主労総総力闘争 動労千葉を支援する会 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる