動労千葉を支援する会 

アクセスカウンタ

zoom RSS 双龍(サンヨン)車,公権力は不法行為者を支援してはいけない

<<   作成日時 : 2009/07/14 17:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

[ブログ]双龍(サンヨン)車,公権力は不法行為者を支援してはいけない
双龍(サンヨン)自動車平沢(ピョンテク)工場では今解雇労働者らが工場の中で座り込みとあって,会社は用役(サービス)を動員して,労働者らを暴行して,警察はその周辺を包囲して,恐怖感が広まっているという。
双龍(サンヨン)自動車事態は出発点だった2004年企業量も引き受け合併過程から間違っていていた。
上海自動車は双龍(サンヨン)自動車引き受け後で引き受け条件で約束した経営悪化を解決するための投資約束を履行しなかった。
すなわち,上海自動車は引き受け時点から双龍(サンヨン)自動車が経営不良で抜け出すことができる機会をあきらめて会社を整理する手順を踏み始めたのだ。
彼らの目的は当初から双龍(サンヨン)自動車の回復になかったし,安値に自動車生産の高級技術を引き抜くためのものであったのは投資回避と中国に現地工場をたてて設計図面を盗み年行ったことで天下に白日下にあらわれた。

双龍(サンヨン)自動車で2009年に発生した大量解雇事態は大株主の上海自動車側に100%の責任がある。
上海自動車側は双龍(サンヨン)車構造調整過程で大韓民国の法と秩序をすっかり無視して踏みにじった。
最初に,双龍(サンヨン)自動車会社側は経営危機を自ら企画して自ら招来したし楽しんだ。
二番目,彼らは解雇を回避するためにいかなる努力も傾けなかった。
三つ目,合理的で公正な解雇の基準を用意することもなかった。
四つ目,勤労基準法により経営上理由に従う解雇に着手しようと思う日の50日前に勤労者過半数で組織された労働組合または勤労者過半数を代表する勤労者代表に通知して解雇回避のための努力と解雇対象者選定の合理的で公正な基準を協議することもなかった。
五つ目,労働部長官に大規模なのかをすると申告したといういかなる根拠も知られたことがない。
そうだけど今回の大規模では違法不当な解雇で,双龍(サンヨン)自動車側は解雇者全員をウォン職に復職させて解雇期間の間正常に仕事をしたとすれば受けることができた賃金相当額を支給しなければならない。
当局は不法行為を支援してこれに加担する過ちを犯してはいけない。
それは公権力の存在目的を自ら否定するということなためだ。
当局は今直ちに双龍(サンヨン)自動車周辺に配置されている警察を全員撤収させて双龍(サンヨン)自動車会社側が労働法に決まった手順にしたがって会社を生かそうが殺そうが法の通りしろと命令しなければならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
双龍(サンヨン)車,公権力は不法行為者を支援してはいけない 動労千葉を支援する会 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる