動労千葉を支援する会 

アクセスカウンタ

zoom RSS 水泥棒 JR東に抗議の大集会

<<   作成日時 : 2009/03/13 08:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

不正取水 1100人抗議集会
2009年03月09日
画像


会場には1100人の市民が詰めかけ、会場外の廊下や通路にもイスが並べられた=十日町市

 JR東日本の信濃川発電所における不正取水問題で、地元の十日町市などは8日、同社に対する抗議集会を同市内で開いた。主催者側の予想を大幅に上回る
約1100人が詰めかけ、会場に入りきれない市民が会場外の通路やホールにあふれた。来賓として地元選出の国会議員や県議などが出席し、「JR東は、自然破壊と流域住民に多くの犠牲を強いてきた水力発電所の存在意義を考え直すべきだ」とする抗議文を採択した。


 集会は市のほか、同市議会、農協、商工会議所、土地改良区、漁協、青年会議所、市民団体「信濃川をよみがえらせる会」が主催した。


 田口直人市長は冒頭、「石河原と化した信濃川の悲痛な叫びを聞き、これほどの方々が集まってくれたのだと思う。市民が一丸となってJR東と対抗する第一歩だ」とあいさつ。筒井信隆衆院議員はJR東による一連の不正内容を解説した上で「重大かつ悪質な事案。そんなに簡単に再取水を認めるわけにはいかない」と言及した。


 高鳥修一衆院議員は、JR東が信濃川発電所の発電分を電力会社から買うと年280億円になるという試算を示し、「JR東は(県に支払っている)流水占用料の約5億円を差し引いても、
年275億円の丸もうけ。一体地元に何かを還元しているか」と同社の姿勢を非難。


 近藤正道参院議員は「裏日本を象徴するような構造にはピリオドを打つべきだ」と訴えた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
水泥棒 JR東に抗議の大集会 動労千葉を支援する会 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる