動労千葉を支援する会 

アクセスカウンタ

zoom RSS レール亀裂、JR常磐線で運転見合わせ…12万人影響

<<   作成日時 : 2006/08/25 09:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 24日午前5時40分ごろ、千葉県流山市前ヶ崎のJR常磐線快速柏―松戸駅間で、信号機が赤のまま切り替わらなくなり、JR東日本で点検したところ、レール1か所に亀裂が見つかった。

 このため、電車は徐行運転を続け、午前10時25分ごろから、復旧作業のため上野―取手駅間で約20分間、運転を見合わせた。

 JR東日本によると、この路線は快速、特急電車専用。亀裂が見つかったのは溶接されたレールのつなぎ目部分で、レールに流れている電気が流れにくくなり、信号機に影響が出たとみられる。18日に点検した際には、レールに異常はなかったという。同社で原因を調べている。

 この影響で、常磐線は、勝田発上野行き特急フレッシュひたち8号が65分遅れるなど、上下20本が運休、同88本に70〜2分の遅れが出て、約12万人の足が乱れた。

(2006年8月24日12時29分 読売新聞)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
レール亀裂、JR常磐線で運転見合わせ…12万人影響 動労千葉を支援する会 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる