動労千葉を支援する会 

アクセスカウンタ

zoom RSS 暴力急増、駅員を守れ…ガマンよりもガードマン

<<   作成日時 : 2006/08/12 13:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


 鉄道の駅員に対する暴力が急増している。

 昨年、大手私鉄やJR東日本で起きた駅員への暴力件数は過去最悪を記録、今年もハイペースで増えている。

 駅員側にまったく落ち度のない理不尽、不合理な暴力が多く、重傷を負うなど悪質なケースもある。このため鉄道各社は、「何をされてもひたすら我慢」という従来の受け身姿勢を転換、駅にガードマンを配置したり、暴力対策ハンドブックを作ったりするなど、積極的な暴力対策を取り始めている。

 午後10時10分、小田急線町田駅。同駅止まりの電車の中で男性の酔客が眠り込み、動こうとしない。制服姿のガードマンがすかさず近づき、軽く肩をたたきながら抑えた声で起こし始めた。やり方を間違えると客から殴られやすい場面だ。
(読売新聞) - 8月12日3時8分更新

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
15d8eb4a148ab70719c4
15d8eb4a148ab70719c4540cfc30baa915d8eb4a148a ...続きを見る
15d8eb4a148ab70719c4...
2006/11/07 07:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
暴力急増、駅員を守れ…ガマンよりもガードマン 動労千葉を支援する会 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる