動労千葉を支援する会 

アクセスカウンタ

zoom RSS 鉄道の安全訴えデモ JR尼崎駅前

<<   作成日時 : 2006/04/24 14:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/04/24

 尼崎JR脱線事故から一年を前に、地域の労働組合や市民団体などが二十三日、尼崎市潮江一、JR尼崎駅北広場で「命と安全を守れ! 4・23JR尼崎駅前集会」を開いた。約五百人が事故の犠牲者を追悼。再発防止を訴え、事故現場までの約二キロをデモ行進した。

 集会では「安全なはずのJRで、なぜ家族が殺されなければならなかったのか、まだ納得できない」と、遺族のメッセージが読み上げられた。

 続いて、イギリスなど三カ国の鉄道労組の幹部らが「民営化や規制緩和で、安全軽視の傾向が広がっている」などと発言。参加者は「尼崎事故を繰り返すな」とシュプレヒコールを上げながら、事故現場までデモ行進し、献花台に花を供えた。

 一方、JR西日本労働組合(JR西労)は二十三日、大阪市浪速区の浪速人権文化センターで、「脱線事故から一年-乗客と社員の命と安全を守るつどい」を開催。

 事故車両の三両目に乗り、背骨を折る大けがをした男性が「私たちが、今後も使い続けなければならない鉄道を安全にしていただきたい」と訴えた。

 また、ジャーナリストの大谷昭宏さんが講演し、JR西の効率主義を厳しく批判。その上で、「過当な競争社会が事故の背景にある。余裕を持ち安心して暮らせる社会に」と呼びかけた。

 JR西労は安全確保のための要員増などを求め、二十五日、時限ストに取り組む。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鉄道の安全訴えデモ JR尼崎駅前 動労千葉を支援する会 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる