動労千葉を支援する会 

アクセスカウンタ

zoom RSS 鉄道の安全は世界的問題 民営化国際シンポ 

<<   作成日時 : 2006/04/23 12:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

006/04/23
 尼崎JR脱線事故から一年を前に、各国の鉄道民営化の問題について意見を交わす「命と安全を守れ!4・22国際シンポジウム」(尼崎集会実行委主催)が二十二日、尼崎市総合文化センターで開かれた。

 鉄道関係者や市民ら約二百人が出席。冒頭、同事故遺族の藤崎光子さんが「事故の後、遺族の時間は止まったまま。JR西日本の安全への取り組みが、大きく改善したとは思えない」と訴えた。

 続いて、日本と韓国、イギリス、フランスの鉄道労組の幹部らが、死亡事故の増加や雇用環境の悪化など民営化に伴うさまざまな問題や、民営化見直しの取り組みなどを報告。経営効率を優先し、安全を軽視する傾向が世界的に広がっている、と警鐘を鳴らした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鉄道の安全は世界的問題 民営化国際シンポ  動労千葉を支援する会 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる